<< 「塚本猪一郎展2015 - 油画と版画」より | main | 岩永洋美展、開催中です! >>
2015. 5.22

新鮮な匂い、微かな土の匂い。花々は秘密のように香り、英国産の薔薇が清冽な薫香をひそやかにたてる初夏の朝は、実に気持がいいですね。

英国産と言えば、アンティーク家具。釣谷氏の緻密で繊細なメゾチント、木口木版画の作品はアンティーク家具にピッタリ。アンティーク家具だけではなくて、比較的小さな作品の多い釣谷氏の作品はチェストや書斎机の上など、狭い空間にもぴったりで、知的な雰囲気を作ってくれます。室内がグレードアップするんですよね。
会場では一種の不思議な光があたったような大人の寓話の世界をお楽しみ頂いたに違いないと思います。

今日、作品送付依頼のお客様のための集荷に来た運送屋の配達員の人が「僕、絵は好きなんですよ。黒と白が美しいですねえ。どうやって創るんですかあ?」と。こんな若い人、増えてくれたら、嬉しいのですが........。

木口木版で創られたユーモラスで楽しい「ケルプ博士の奇妙な発明」シリーズや神秘的で繊細な黒白の諧調の美しいメゾチントの作品をご紹介致しましょう。





「観賞用ワカメ」木口木版 が載ったキャプション


木口木版画より右端「魚マスク」90×90(mm)


「ネコよけウニ」90×90(mm) 木口木版


「月を拾う 鶚」200×200(mm) メゾチント


「怪物の夢」200×200(mm) メゾチント





 
| - | 15:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.gallery-em.com/trackback/133
トラックバック