<< 興福寺国際現代美術展 ' 2011 | main | Art in EM - summer selection 終了しました。 >>
 2011.  8.  1

8月になりました。長崎の8月は特別です。8月9日は原爆記念日ですし、先日、「興福寺国際現代美術展」について書きましたが、「原爆写真展」も同時開催されています。各地で平和への祈りを込めて、「原爆忌」が行われます。これは長崎の使命でもあるのですが、今年は長崎原爆だけではなく、東日本大震災で犠牲になられた方々や広がっていく原発被害、世界中で起きている戦争や内紛、テロと特別な思いで「平和」への祈りがささげられることでしょう。

スロバキアから来た20歳の女子大学生が宮澤ナツさんの「プラハの学生」の前で大感激!
彼女が言うにはチェコスロバキアが現在のチェコ共和国とスロバキアに分離するとき、戦争も内紛も全くなくて、合法的に平和に二つの国になったのだそうです。スロバキア人として、とても誇りに思う。と語ってくれました。

日本で「Der student von Prag」という作品に出会えるなんて!と嬉しそうでした。
プラハは前チェコスロバキアと現チェコ共和国の首都です。


| - | 14:33 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
たまたまこちらの記事をみつけました。
こちらこそ感激です!
映画創成期の印象的な「プラハの学生」は、ビデオを
ドイツ語の教授にお借りし制作しました。
スロバキアの方にご覧いただけるとは光栄です!
ありがとうございました。
| 宮澤ナツ | 2011/09/06 6:31 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.gallery-em.com/trackback/23
トラックバック