<< 「世界のらくがきを写る - 福島雅行展EMα」始まります。 | main | 福島雅行@キラッとモーニング.nbc.radio >>
 2013.  2. 13

”福島雅行写真展EMα - 世界のらくがきを写る” 、開催中です。

毎日、たくさんのお客様に囲まれて、無口でシャイな福島さんは笑顔でポツリ、ポツリ。
「旅ですから、うわべを見て来ただけですよ。」と謙虚に言われますが、まだ見ぬ者達にとっては興味ある話で満載です。

奇妙に感じたものへの好奇心から生まれた "ラクガキ- graffiti - ストリート・ アート"
革命の島、アパルトヘイトの国、暗く、悲しい過去を背負った国の人々の世に対しての疑問や、一言では言うことのできない抑圧された精神や逃れられない現実を、遊び心でPopにユーモラスに表現された「落書き」は、その風土や環境に溶け込み、そんな風景への福島さんの観点に心がチクッとするのは私だけではないかもしれません。
そして、国籍や人種を超え、ジャズやサルサ、Hip-Hopをテーマにしたgraffitiに心が躍ります。


3点とも in cuba


大きな作品はドイツで撮られた写真です。


黒のジャケットの後ろ姿が福島さん。



| - | 12:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.gallery-em.com/trackback/65
トラックバック