<< 福島雅行@キラッとモーニング.nbc.radio | main | 「松尾洋子展 - 奏」始まります。 >>
 2013.  2. 26

世界のらくがきを写る! - 福島雅行写真展EMα」は終了致しました。みなさま、ご来廊ありがとうございました。
今展では「落書き」はただの「ラクガキ」と思っていたたくさんの方々がgraffiti art として、捉えて下さり、面白い!と思って下さったことに意義があったのではないかしら?と思います。

ラクガキ - graffiti artといえば、初期のキース・へリングやジャン・ミシェル・バスキアなどにより、世に知られ、1983年の映画「ワイルド・スタイル」によって、世界中に蔓延したといっても過言でもありませんが、ライターたちが無許可で公共施設などに描いたりするので、社会問題になっているのも事実です。
対策として、現在では芸術性の低い落書きを消して、完成度の高いグラフィティを描き直す試みが世界各地で行われています。
芸術性の高いpopなストリートアートは人々を楽しませてくれますし、街のデザイン化にも繋がっていくと思います。そして、何よりも子供達の心を育み、私たちの心を癒しくれるに違いない「街の芸術」の進化に期待したいと思います。


in Cuba
| - | 14:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.gallery-em.com/trackback/67
トラックバック