<< 「高橋キョウシロウ × つちやままりこ 展」開催中! | main | 「渡辺千尋展 - 銅版画の世界」開催中! >>
2014.  3. 12

いよいよ「渡辺千尋展 - 銅版画の世界」が明後日、3/14(金)より始まります。長崎県美術館の「渡辺千尋の仕事」展に合わせて開催いたします。3/29(土)迄です。
2009年に惜しくも亡くなられた渡辺千尋氏は知る人ぞ知る作家ですので、県美の渡辺千尋展は楽しみにしてらっしゃる方も多いのではないのでしょうか。また、16世紀末に有家のセミナリヨで制作された銅版画「セビリアの聖母」の復刻を手がけられたこともご存知のことと思います。是非是非、県美のすぐ前の当ギャラリーEMにも足を運んでください。

直刻法の中でも熟練した技能を要するエングレーヴィング技法で創作された、希少な作家のとり肌がたつほどに細く鋭い刻線が美しい作品群、ビロードのような深みのある面に瞬間の光が表現されたメゾチントの作品など、じっくりとご覧になられてください。
今日、展示しましたが、「見応えあり」と自己満足です。
春の陽光の下、水辺の森公園辺りのぶらぶら歩きは気持がいいことと思います。





「大地の祈り」カラーメゾチント 320×230(mm)



「日曜日」エッチング 85×53 (mm)


 
| - | 17:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.gallery-em.com/trackback/99
トラックバック